読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kidney International

【Kidney International】ミトコンドリア標的ペプチドSS-31は、高齢マウスの糸球体構造を改善する。

Sweetwyne MT. 腎臓の糸球体の構造における年齢に関連した変化がマウスおよびヒトにおいて記載されているが、その機序は未知である。これらの変化が、高齢で施行される全身療法によって予防され、または逆転され得るかどうかは不明である。光学顕微鏡法と透…

【Kidney International】低下したヒト過渡B細胞T1 / T2比は、その後の腎同種移植の機能低下と関連する。

Cherukuri A. ヒト過渡B細胞は、比較的高いIL-10レベルおよび低いTNF-αレベルを発現し、インビトロでB調節活性と相関する。本明細書では、B調節性表現型をさらに定義し、B調節活性が腎臓同種移植不全(予後の糸球体濾過率の2倍の低下または移植喪失)の予後…