読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【NDT】全身性エリテマトーデス患者の感染症入院と末期腎疾患のリスク:全国人口ベースの研究。

Lin CH.
背景:全身性エリテマトーデス(SLE)患者の感染症は、病的状態の主要な原因であり、死に至る可能性があります。 SLE患者の全国代表的な研究では、感染に関連した入院率と末期腎疾患(ESRD)のリスクを調べていません。方法:SLEと診断され、ESRDの既往歴のない7326人の患者の全国コホート研究を実施した。すべてのデータは2000-11年の台湾の国民健康保険請求データベースからのものです。結果:全SLE患者のうち、316例(4.3%)がESRDを発症した(平均追跡期間:8.1年)。多変量Cox回帰分析は、感染関連入院の数が増えるにつれESRDのリスクが増加することを示した。 3つ以上の感染関連の入院患者では、ESRDのハザード比(HR)は、感染に関連しない入院者に比べて5.08 [95%信頼区間(CI):3.74-6.90]であった。感染のタイプ別に解析したところ、菌血症患者はESRDのリスクが最も高かった(HR:4.82,95%CI:3.40-6.85)。 SLE発症年齢の分析から、若年発症(18歳未満)および3つ以上の感染関連入院患者がESRD(HR:14.49; 95%CI:5.34-39.33)のリスクが大幅に上昇していることが示された。結論:感染関連の入院は、SLE患者、特に若年発症SLE患者では、ESRDのリスクが有意に増加することと関連している。異なるタイプの感染症の患者のうち、菌血症を有する患者はESRDを発症する可能性がより高い。

SLEは感染に特に留意