【CKJ】GUIDEは、ホーム透析の使用を増加させる構造化された透析プログラムです。

JS de Maar.
背景:オランダでは、多くの利点があるにもかかわらず、自宅透析[腹膜透析(PD)またはホーム血液透析(HHD)]を受ける透析患者の割合は過去10年間で減少しています。透析前教育は自宅透析の使用を刺激する可能性がある。この記事では、以下の質問に関して、透析前プログラムGUIDEの結果を紹介します。自宅でアプローチする構造化透析前プログラムの実施は、自宅透析を選択して受ける透析前患者の数を増加させるか?方法:患者が15mL /分/1.73m 2のeGFRを有する場合、GUIDEプロセスが開始される。このプロセスは、症例管理者からの家庭訪問、患者、症例管理者および腎症患者のアンケートの完了から始まる。特定の患者プロフィール(または治療推奨)を決定するために、多分野会議(MDM)が開催されています。これに続いて、患者の教育、第2のMDM、そして最終的に患者および腎症患者の治療の選択が続く。この回顧的観察研究では、Meander Medical Centerで2013年9月12日から2014年12月18日までの間、治療勧告を受けたすべての患者の選択プロセスについて説明しています。ファイル調査とアンケート分析によりデータを収集した。結果:112人の患者が含まれていた。彼らは、12.3mL /分/1.73m 2の平均eGFRでプロセスを開始した。透析治療を受けるよう勧告された患者の62.8%が自宅透析を勧められました。透析を選択した患者のうち、34.2%がPDを、8.2%がHHDを選択した。最初の治療として22.9%が自宅透析を開始しましたが、GUIDEの導入前の数ヶ月では17.6%でした。最後に、透析療法を受けた患者の32.1%が自宅透析を受けた。 GUIDE前の数ヶ月で、透析を受けた患者の平均でわずか19.5%が自宅透析を受けました。結論:過去のデータと比較して、透析前プログラムGUIDEは、自宅透析を選択して受ける患者の数を増加させる。

日本では遠い未来でしょうか。