読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【CKJ】HIVと腎臓病:35年間の歴史と結果。

Campos P.
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染患者の腎疾患は誤診されることが多い。これらの患者では、非常に効果的な併用抗レトロウイルス療法(cART)の広範な使用による罹患率および死亡率の低下にもかかわらず、急性腎障害(AKI)および慢性腎臓病(CKD)は一般集団よりもさらに一般的であり、健康に悪影響を及ぼす。 HIV関連腎症およびHIV免疫複合体腎疾患は、より認識可能なHIV関連腎疾患である。しかしながら、cART誘発性AKI、CKD、近位尿細管機能不全、卵巣結石症および腎結石症を含む、HIV感染に関連するかまたは直接的に関連しない広範囲の腎障害が観察され得る。このレビューでは、HIV感染患者における腎疾患の主要な疫学研究を要約し、テノフォビル・アラフェナミドの使用などの腎毒性を潜在的に制限する可能性のある新しいアプローチについて論じ、腎機能障害または尿細管損傷の早期診断急性または慢性腎疾患のリスク増加の検出。

あまりみたことはないが。。