【JASN】浸透圧ストレス誘発欠陥グリアプロテオスタシスは、低ナトリウム血症治療後の脳脱髄に寄与する。

Fabrice Gankam-Kengne.
正常な細胞機能および適切な細胞内イオン強度を必要とする緊密に調節されたプロセスには、適切なタンパク質フォールディングが必要である。多くの細胞型において、タンパク質合成と分解との間の不均衡により、小胞体(ER)ストレスが誘発され、持続すると細胞死に至ることがある。線虫では、浸透圧ストレスは、折り畳まれていないタンパク質応答およびERストレスと結合した大量のタンパク質凝集を誘導する。臨床実践において、慢性低ナトリウム血症の急速な矯正を維持する患者は、浸透圧性脱髄症候群の危険性がある。脳細胞によって持続される強力な浸透圧ストレスは、小膠細胞の活性化、血液脳関門の開放、およびその後のミエリン損傷をもたらす星状細胞死に起因する脱髄の主要な危険因子であると考えられている。ここでは、浸透圧性脱髄のラットモデルを用いて、慢性低ナトリウム血症の急速な是正が、拡散したタンパク質凝集およびユビキチン化を特徴とするプロテオスターシスの重度の変化を誘発することを示した。低ナトリウム血症の急な是正は、増加した自食作用およびアポトーシスを伴う、広げられたタンパク質応答およびERストレスの両方の活発な活性化をもたらした。免疫蛍光は、これらの過程の大部分が、この症候群の後期段階で脱髄となることが以前に示された領域内の星状細胞において生じたことを明らかにした。これらの結果は、哺乳動物の脳における強力なタンパク質凝集刺激としての浸透圧ストレスを同定し、さらに浸透圧性脱髄が重度の浸透圧ストレスに対するプロテオスタシス失敗の結果である可能性を示唆している。

小胞体ストレス、どこかで勉強したけどこういう研究してる人もいるのか。。